毒食わば皿まで 2

毒食わば皿まで http://dokusara.exblog.jp の続き

ヨネやんの東京見物伝と播州人三島由紀夫

みなさま

 

わたしは実家が東播にございまして、高校生の頃は加古川辺りに出没していました。

最近、昔行ったことがある加古川の古い図書館が取り壊されるかもしれない、というニュースを見ました。f:id:dokusara:20210409225748j:image(産経新聞写真引用)

三島由紀夫ゆかりの図書館危機 老朽化、改修に10億円… 相次ぐ歴史的建造物の解体|総合|神戸新聞NEXT

話変わって、なんか、すんごい眉唾なのですが、父方のひいお祖母さんであるヨネやんが、三島由紀夫は親戚やていうとった、と、朧げですが、子供の頃誰かから聞いたことがある気がします。

三島由紀夫は、そのおじいさんが、うちの実家から山一つ向こうの志方という村の出身で、本籍地が兵庫県にあったということです。その関係で、何がどう絡まったか、そんなヨネやんの話になってるのかな、と、勝手に想像しておりました。

それとは別に、わたしがロータリーの奨学金で留学させてもらう時に、加古川のロータリアン達と会食する機会があり、その人たちに、たかたさんは、志方の高田さんか、と、何人にも聞かれたこともひっかかっておりました。

わたしの結婚前の本籍地はひいおじいさん(ヨネやんの夫)が住んでいたところなんだそうで、志方の高田さんではありません。本籍地住所の周りには同じ名字の家がなく、別の名字の中にポツンと本家があるので、何処か他所から出てきて、そこに居着いたのかな、とも思っていました。

知らんけど、志方のたかたさんと遠縁なのかもしれんな、知らんけど、と、思って、志方のたかたさんのこと知り合いではないので、フンワリと、見知らぬ老人にも、もしかしたら遠縁のたかたさんかも知らんし、優しくしとこ、と、思うようにしていました。

今回、三島由紀夫が徴兵検査を受けて米俵を持ち上げられなかった松の木の下の話を改めて読んで、思い出したことがあります。

ヨネやんが、なんか、東京見物に行ったことがあり、その時、何故か、馬車に乗せてもらったという話です。

その馬車が、また眉唾ですが、菊の御紋がついた馬車で、そんな御紋を着けてヨネやんを乗せて走ったら当然咎めに遭うので、布を被せて、菊の御紋を隠して馬車で東京をまわった、という話。

どれもこれも胡散臭い話です。

ヨネやんは、私が産まれる前に亡くなっているので、私は会ったことはありません。

それに加えて、ヨネやんの娘であるところの我が祖母ヤヨちゃんも、大概話を盛り過ぎるタイプです。

その上、わたしの憶測も加えて考えることはほぼ妄想ですが、こんなんやったら面白いなぁ、と考えてるストーリーがあります。

実は、ヨネやんの夫(祖母ヤヨちゃんの父)が、本当に志方の高田さんと関係があり、血縁ではないにしても、三島由紀夫と姻戚にあった。

ヨネやんがなんで東京に行ったか知らんけど、三島由紀夫のおじいさん(大臣をしていたらしい)のコネを使って、菊の御紋の馬車を借りた。

ヨネやん、東京でご満悦。

というストーリー。

f:id:dokusara:20210409225844j:image(神戸新聞写真引用)

このストーリーの中身で確かなのは、ヨネやんやヤヨちゃんが播州人で、わたしに生粋の播州人の血が流れていることと、三島由紀夫にも播州人の血が流れている、ということだけです。

ヨネやんが東京に行ってもてなされたらしいことすら、ちょっと、ただの伝説ちゃうか、と思うくらいです。

まぁ、ヨネやんは、おばあさんになってからも、自分でニッセイレディして稼いだお金で、一人であちこち旅行に行ったりしてたらしいので、東京くらい行ってたかもしれません。

わたしにも、先祖代々の話を盛る遺伝子が受け継がれてるのかも。

f:id:dokusara:20210409231039j:image死ぬ直前まで美容師で、お客さんの頭してた、ヤヨちゃんの形見のハサミを昨日実家から送ってもらって、ちょっと思いを馳せてみました。

 

ふと、思いついた話です。

ごきげんよう

寺田屋騒動

みなさま

 

巨匠とお花見に行きました。f:id:dokusara:20210402142956j:imageまずは近所の公園のポンちゃんf:id:dokusara:20210402143028j:image満開だね。

ここから、車に乗って出発。

巨匠が去年からずっと淀の背割り桜と言っていました。

なんなんそれ、ということですが、どうも、木津川と淀川と桂川が交わる堤防に、桜の木がガッツリうわっていて、綺麗なんだそう。

私は、このお出かけの2日前に腰を痛めており、恐る恐るのお出かけでした。

運転の巨匠の横で座っておると、腰痛かったり、なんか、異様にトイレすぐ行きたくなったり、身体中だる重かったり。

背割り桜の間近に着いてみると、駐車場という駐車場が閉鎖されており、桜祭りは中止です、公共交通機関をご利用ください、という表示と、人人人…。

もう車で来てしまってる人間に対しては、帰ってくれ、という感じですね。

身体のだるさと、人の多さ、駐車場の悪さに、わたくし、キレ気味になり、また来よう、夕方や。もう一個言ってたとこに先に行こう、と、伏見中書島寺田屋界隈へ移動。

中書島駅から、背割り桜の石清水八幡駅は一駅なので、本気で後で行くつもりにしていた私は、駅と寺田屋の間のコインパーキングをチョイスし、ナビりました。

とりあえず、うさおを停めて、ポンちゃんとはここで一旦解散。

白瀬くんを連れて出発。f:id:dokusara:20210402143908j:imageおや!運河かな?

酒蔵かな、煙突が見えるよ!f:id:dokusara:20210402143943j:image綺麗やんかいさー。

とりあえずお昼にしよ、と言ってなんとかという店に行こうと巨匠がいうのに、なんか、決めきらずフワフワしてあっち行きこっち行きするので、身体がしんどく、早くご飯を食べたかった私は、また切れかけて、はよ、ここにしよ、と、適当によさげなイタリアンをチョイス。

巨匠、なんでイタリアンなん、と、観光客向けの店構えの、鳥せい本店のなんかが前に美味しかった、といい、店の前まで行ったけど、やっぱええわ、と言い出す。

私はなんか、めちゃんこしんどかったので、とにかく早くご飯にしよ、と、ブーブーモードで、さっきのイタリアンに舞い戻ると、なんと、予約でいっぱいで、と、断られてしまいました。

ホタルイカのパスタなんかあって、良さそうだったのに残念。

ブリブリ言いつつ、他のとこ探そ、はよ、はよ、2時になったら閉まり出すよ、て、言ってたら、洋食屋があったので、ここにしよ、と、サクッと入りました。

ちょうど空いた席があり、すぐに片付けてくれて座れました。

わたしは頭痛がし始めていて、なんか、妙に視界が眩しく、最初は奥の席について店の表側を見ていたのですが、眩しくて目が辛く頭痛がしてきたので、巨匠と席を代わって、奥に向かって座り、暗い方を眺めて薬を飲んで待っていたら、効いてきたのか頭痛がマシになってきました。f:id:dokusara:20210404002335j:image季節がよく、窓もドアも開け放して換気良し。

待っていたら、次々とお客さんがきて、外で並び出したので、私たちはナイスタイミングで、よかったやん、と言い合いました。f:id:dokusara:20210404001955j:imageおすすめランチ。鯛のフライと、チキンカツと、ローストビーフ

巨匠は追加料金でカレーのオプション。

わたしパンです。f:id:dokusara:20210404002104j:image少し甘めのロールパン。

ササキパンのパン、ということで、伏見ローカルの人気の昔ながらなパン屋さんみたいです。

ローストビーフやチキンカツを代わるがわるパンに挟んで齧りました。鯛のフライ、意外にもかなりおいしかったです。

これで、980円。会社のそばなら毎日来たいですね。

すっかり良くなって、退店。f:id:dokusara:20210404154313j:imageよかったね。

お散歩続行。f:id:dokusara:20210404154525j:imageお、ここはなんや。f:id:dokusara:20210404154555j:imageカッパの車が停まっとる!

伏見やなぁ。

この、会社のゆるキャラがついた社用車て、ちょっと憧れます。まぁ、BtoCの企業の場合、運転してる時めちゃくちゃ気を使うと思いますが。f:id:dokusara:20210404154740j:image黄桜のレストランとおみやげショップがあり、桜の下のテーブルと椅子のところに、飲み比べセットみたいなのを飲んでる赤い顔のお客さんが数組いて、めっちゃ楽しそう!と、羨ましくなったのでした。

わたしは体調が良くなく、巨匠は車なので飲めませんでしたが。。f:id:dokusara:20210404154958j:imageそれから、お茶屋がなぜか地ビールも売ってる洒落た店で、煎茶とアイスのセットを嗜みました。f:id:dokusara:20210404155943j:image

カウンターの目の前に、ビールの蛇口があって、お酒の匂いがそそります。f:id:dokusara:20210404155116j:image煎茶、おいしいよ。f:id:dokusara:20210404155213j:image茶葉、春色。ちょっとしかないと思ったのに、お湯を入れると膨らむのですね。

お店のおばあちゃんに勧められたので、お茶っぱ持って帰ることにしました。

炒めて佃煮にできるらしい。やってみよか。f:id:dokusara:20210404160010j:imageパンダさんたちがお茶を売っていました。

出て、散歩。f:id:dokusara:20210404160223j:image西郷隆盛の顔ハメがありました。もちろん験しました。

なぜか、巨匠に動画で撮られました。

巨匠、漬物を買ったりしつつ、前進。

すぐきって、すぐき大根の葉やねんて。漬物屋のおじさんが言っていました。

巨匠は古漬けを買いました。しょっぱかったそうです。

 

さて。

f:id:dokusara:20210405092517j:image寺田屋や!

幕末全然知らんけど、行くで。f:id:dokusara:20210405092726j:image旅館やったんやね。

今でもここ、布団ひいたら泊まれそうやな!と言っていたら、本当に泊まれるんだそうです。f:id:dokusara:20210405093432j:imageけど、写真やなんや、いっぱい貼ってあって、夜トイレ行く時とか、怖いで、と、巨匠がいい、なんか確かにな、と、思いました。f:id:dokusara:20210405093541j:image日本を洗濯いたし候、と、23がかっこよく言いました。f:id:dokusara:20210405093623j:imageところでさ、坂本龍馬て、洗濯屋さんなの?

23的には、キングスマンのイメージだったらしいです。

ちょっと、わたし、トイレ行くわ、と、階段を降りたところに、お龍がお風呂で異変に気づいて、真っ裸で龍馬に知らせに行ったという風呂がありました。f:id:dokusara:20210405094153j:imageこげか〜。

まっぱはすごいな。f:id:dokusara:20210405095621j:image一階の展示。f:id:dokusara:20210405095704j:image古い集合写真があったので、上野彦馬撮影やて、と言ったら、巨匠が撮っとこ、と言って撮影していました。

彦馬さん有名な人なんですね。f:id:dokusara:20210405133821j:image入場券も、かっこいいね。

f:id:dokusara:20210405135924j:image龍馬さんと記念撮影。

23らは、桂浜も行ったことあるもんな。よかったね。f:id:dokusara:20210405140201j:image出口で記念撮影。f:id:dokusara:20210405140229j:imageそれから、運河のほうへ。

花吹雪の花筏f:id:dokusara:20210405140317j:image
殺気立って遊覧船の写真を撮る元カメラ小僧達。f:id:dokusara:20210405140458j:image川辺に降りてみました。

巨匠が、柳なんか植わってて、京都は風情がある、みたいなこと言うので、そんなん播州の鹿島川かて桜と柳が植わっとる、と、教えてあげました。

鹿島川なんかさ、わたしが小学生の時に既におばちゃんやった先生が子供の頃、しじみとれたんやで(知らんけど)。f:id:dokusara:20210405140808j:imageけど、きれいなもんですわ。

f:id:dokusara:20210405140921j:image花吹雪も綺麗で、すっかり満足しました。f:id:dokusara:20210405141010j:image別の橋から。f:id:dokusara:20210405141035j:image春爛漫ね。f:id:dokusara:20210405141102j:image新婚旅行に日本で初めて行った人たちなんだって、僕らもアルゼンチンに行こうね、と23が言いました。

f:id:dokusara:20210405141218j:imageそれから、黄桜に舞い戻って、お土産を買い、甘酒を外で飲みました。f:id:dokusara:20210405141259j:imageカッパの子らが遊んでいました。

かわいいやんか。

黄桜のカッパの女の人って、ちょっとエロ綺麗で、つい見ちゃいますよね。

グッズもたくさん売っていました。f:id:dokusara:20210405141846j:image伏見、堪能しました。

駐車場で、ぽんちゃんと集合して、日帰り温泉へ移動。f:id:dokusara:20210405142008j:imageポンちゃんは京阪に乗って背割り桜に行ってたんだって。

人多かったよー、と言っていました。f:id:dokusara:20210405142111j:imageあ、これ、さっき白瀬くん達といってたところだね。

巨匠がハザード炊いて、ポンちゃんのために止まってくれました。

温泉の駐車場の裏に神社があって、そこで、ポンちゃんたちと、巨匠に撮ってもらいました。f:id:dokusara:20210405142401j:image温泉はゆっくりできてよかったです。

お花見できてよかったです。

運転ありがとう。

 

ごきげんよう

子ヤギの上で踊る

みなさま

 

子供の頃は、セッセッセーノヨイヨイヨイ、アルプス一万尺、子ヤギの上で、アルペン踊りをサァ踊っちゃったりしていたものです。

子ヤギのユキちゃんの上で、アルペン踊り(ハイジがお友達と二人で踊ってるアレやん?知らんけど)踊れるもんかいなぁ、ヤギの群れの上かな?と、思ってましたが、コヤリ(小さい槍のように尖ってる山の尾根)の上だったんですね。

 

先週、巨匠と、るり渓に行きました。

f:id:dokusara:20210324193857j:imageヤギを見に!

るり渓というのは、南丹市(多分旧園部町)にあるとこで、私は春なのでどこかでヤギの赤ちゃんを見られんもんかなと思い、Googleマップで、山羊、と入れて、比較的近いとこがるり渓の山羊牧場だったので、巨匠にどうしても山羊!と頼んで、いそいそ向かいました。

結論から言うと、子ヤギは見られず。

けど、お母さんヤギさんを撫で回しました。f:id:dokusara:20210324194306j:imageヨシヨシ。

ツノの跡の周りや、アゴの下とか、顔の先の方とか、指でゴシゴシかいてあげると、気に入った子は、次々と顔を寄せて来ました。f:id:dokusara:20210324194439j:image妊娠中のお腹の大きな子や、もう生んだ感じの子や、お尻に血がついた何なら今朝産んだところみたいな子もいました。

お尻に血がついた子は、メェー、メェーと鳴いて、もしかしたら産んだ子を探しているようでした。

お母さんヤギさんは、ちゃんと人間で預かって大事にしてるよ、て、言うても、人間語の説明わからへんもんね。

f:id:dokusara:20210324194819j:imageともかく、もうちょい掻かれたいヤギさん。

おかあさんヤギさんを撫で回しました。

私は日本中の妊婦さんの味方をしてます。f:id:dokusara:20210326092718j:image掻きすぎて、手がすごいことになり、巨匠がちょっと引いてました。

ヤギ乳と、ヤギヨーグルトと、ヤギのゴーダチーズを買って、温泉へ移動。f:id:dokusara:20210329193806j:image

これは、初めて行ったのですが、園部町が町民向けに作った地方再生的な温泉を、今は閉店したすずらんの湯の会社がおしゃれに味付けして、グランピングなんかもできるようにした温泉施設だったみたいです。f:id:dokusara:20210329193825j:image

るり渓温泉【公式】カトープレジャーグループ | 【るり渓温泉】KPG(カトープレジャーグループ)が運営する、標高550メートルにある3世代で満喫できる高原リゾート。まる一日楽しめる温浴施設、食事や宿泊施設も充実。道具の準備ち後片付け不要の大自然の中でのバーベキューも人気。

巨匠は、普段の温泉ライフでも、割と、リクライナーとか、休憩スペースに重きを置くタイプなのですが、ここは、なんか気合の入った休憩スペースがあって、レオパレスのベッドの下の段みたいなとこをたくさん作って、マットを敷き、照明をつけて、カップルが大量にいたのでした。f:id:dokusara:20210326093314j:image漫画もたくさん。

レオパの下段的なところからみたとこ。f:id:dokusara:20210326093348j:image岩盤浴もちょこっとあって、あと、ベルギーのスパで母といった温泉施設にもあったような、謎のブラックライトのスペイシーなおやすみ空間とか、金土日しかやってない酵素浴とかもありました。

酵素浴やりたいな。

それから、温泉のプールもあって、まったく、スパの温泉施設みたいだったのですが、水着も持参でホチャホチャ遊びました。

水着のほうは、案外地元風のおばあちゃんやおじさんがメインでカップル少なめ。

鹿の親子なども外に見えて、地元の人らしき人たちが、野生やで、バンビちゃんもおるよ、と教えてくれました。

温泉プールの横に、水着で入れるサウナが3種類あって、巨匠とサウナに入りました。

男女混合でサウナ入ることはあまりないので、新鮮でした。

温泉も酒粕パックがお試しで置いてあり、地元風のおばあちゃんが顔も真っ白にして試してる時に目があって、なんかいな、とちょいびっくりしたら、可愛らしい感じでニコニコっと笑って、私にも勧めてくれました。

なんか、感じいいな。

脱衣所で館内着に着替えて、出る時にすれ違ったお掃除のおばあちゃんも、行ってらっしゃいて声かけてくれて、なんか、和む。

園部のおばあちゃん、感じがいいです。

巨匠はマッサージを試すと言うので、マッサージ終了後に再集合ということで、岩盤浴を長めに楽しみ、なんか女性専用というメイク室見に行ったら、ナノイーのドライヤーとか美顔器がタダで使えて、しかもガラ空きだったので、ゆったり頭を乾かしました。

脱衣場は、普通のドライヤーで、地元のおばあちゃんたちが賑やかにおしゃべりしていて混んでいたので、ナノイーの使える静かな部屋はありがたかったです。

なかなかよかったるり渓でした。

 

今週は、二人して体調もあんまり良くなく、自分の住んでる街から一歩も出ずに、お部屋の片付け用品や植木鉢などを買って、ゆったり過ごしました。

f:id:dokusara:20210326140614j:imageヤギ乳うま。

もう春ですね。

ごきげんよう

けふと、学生時代は遠くなりぬ

みなさま

 

新大阪駅に、昔、学生時代に、京都で住んでたところの近くにあったパン屋さんと同じ名前のお店がオープンしていたのでした。

Le Petit Mec OFFICIAL SITE

見てみると、一応、知ってる店と同じではある模様。

昼休みに、ガッツリ歩いて買いに行ってみました。

f:id:dokusara:20210322144853j:imageサラドニーソワーズのサンド500円と、ラムレーズンクリームのサンド(300円くらい)。

ヤマザキデイリーのカフェオレとともに。

サンドは、たしか、ほぼフランスを知らない学生時代の私に、これがフランスだ!と宣言するような、かったいフランスパンやったと思ったのですが。

実食!

f:id:dokusara:20210322145355j:imageなんか、サラダニーソワーズのパンはふにゃふにゃ。

これは、あー…なやつです。

不味くはないけど、高まりすぎた。

アンチョビも、入ってると文字ではうたってましたが、むしろ、ツナとオリーブの風味で、オリーブ味は美味しいけど、アンチョビは正直あまりわからず。

だいたい、20年前の記憶で、こんなんちゃうかったやん!前のが良かったなんて、無茶な話なわけです。

私だって、20歳くらいのころしか知らん人に、どうした?前のが良かったやん!て、言われたら、そらいろいろあんのよ、と、諭したくもなりますわね。f:id:dokusara:20210322193810j:imageラムレーズンの方は、ナッツ入りのカチカチのフランスパンで、変わらぬテイストでうまし。

こっちはまた買うかも。

ヤマザキデイリーのカフェオレとともに、美味しく呼ばれました。

春来てます。f:id:dokusara:20210323093012j:image通勤路の桜も綻んでます。

桜見に、京都に行くのもいいな。

けど、混んでるのは嫌だな…。

ひっそりした桜、お弁当持って見に行きたいです。

 

ごきげんよう

牡蠣三昧ホワイトデー

みなさま

 

父には、ホワイトデーで、チョコレートのリンツのLINEギフト券をもらい、職場の近くにあるという案内まで受け、いそいそお昼休みにチョコと引き換えて、毎日一粒ずつコンビニコーヒーと共に楽しんでおります。f:id:dokusara:20210316094003j:imageありがとう!

ぎょうさんもうたで。f:id:dokusara:20210316094030j:image四倍返しかな。

リンツて、量り売りで、グラム単価統一されてるんですね。初めて行きましたが、100gいくら、目安で何粒、と書いてあって、好きなのを選んで詰め合わせました。

食べたことない味のばかりを選び、楽しんでいます。

ありがとうございます。

長年のご愛顧感謝いたします。

 

水曜。

巨匠の秘技10倍返し、巨匠持ちで、牡蠣三昧と温泉の一日を過ごしました。

朝、言い含められて8時起床9時出発。

のつもりが、9時半になり、出たら携帯を家に忘れてることに気付き10時、急な腹痛で中国道に乗る前にコンビニトイレに行き、やっとの思いで高速に乗ったら10時半。

なんとか、昼前に赤穂に付き、ご飯の前に温泉に身を浸すことができました。

銀波荘。

赤穂神社のすぐ横の旅館で、インフィニティ温泉と言って、露天風呂にどっかり浸かると、お湯が湯船の向こう側に流れ出るように作ってあり、その向こうの瀬戸内海と湯船のお湯の境目が繋がって見えて、まるで海に入っているような気持ちになれる、という温泉です。f:id:dokusara:20210316093622j:image

赤穂温泉 絶景露天風呂の宿 銀波荘|公式HP【最低価格保証】

6000円で、牡蠣三昧のご飯と温泉が入れて、二時半までにチェックアウトしてね、というプランです。f:id:dokusara:20210316093513j:imageりすとうさぎのポーズにて。

この日は、コブタと白瀬くんは、カバンとしての参加です。

コブタは前に書いてあるエイの切り身を入れて帰りました。エイの煮付け弁当 - 毒食わば皿まで 2

湯たんぽ以外に、まさかナマモノをいれる日が来るとは、と言いつつも、コブタなんとなく自慢げでした。

さて、風呂上がり、牡蠣三昧の食事をば。f:id:dokusara:20210316151900j:imageなんやなんや、自分用の燃料コンロが三つも前に並んでいます。

左から、牡蠣鍋、牡蠣釜飯、焼き牡蠣。f:id:dokusara:20210317160648j:imageむひひ。f:id:dokusara:20210317160859j:image牡蠣鍋いっちゃう?f:id:dokusara:20210317160920j:imageよく火を通すために、野菜と一緒に最初から全部入れて食べるように言われました。f:id:dokusara:20210317161003j:imageマッチ箱代わりのミッフィ。

デカイ牡蠣です。

f:id:dokusara:20210317161037j:imageお刺身が来ました。

巨匠、さわらのお刺身がえらく響いたようでした。f:id:dokusara:20210317161125j:image牡蠣が煮えてきたよ。

全然縮みません。

後でよく調べたら、赤穂、相生の一年牡蠣というのは、縮まないのが売りみたいです。

たまたま見たネットの情報では、剥き身は、水に浸けて売ってるやつより、牡蠣だけパックに入ってる分の方が、縮みにくいんだそうです。f:id:dokusara:20210317161449j:imageうまっ。うまっ。

三月で身がデカイからかな、味はあまり濃くないな、二月のがうまいのかな、と、満たされない男、巨匠が言いました。

十分美味しいて!f:id:dokusara:20210317161611j:imageわー、カキフライ!

これまた美味しいカキフライで、ハードルの高い巨匠もこれは美味しいな!と言いました。f:id:dokusara:20210317161719j:imageそうこうしてたら、焼き牡蠣ができてます。f:id:dokusara:20210317161756j:imageぎゃー!うまー!美味しいな。

けど、釜飯も含めて最後まで全部美味しく食べたいので、巨匠に一粒譲りました。

釜飯も美味しくいただきました。

おコゲも美味。

写真忘れました。f:id:dokusara:20210317161953j:imageデザートにて了。f:id:dokusara:20210317162119j:imageそれから、もうひとっぷろ入りました。f:id:dokusara:20210317185648j:image海、キラッキラだね。

巨匠は、食べ疲れて、マッサージチェアやソファで休んで、お風呂はパスしたそうです。

2時半ギリギリまでマッサージチェアの上にいて、了。

終わってから、海が見えるロビーのカフェで、お茶飲みました。f:id:dokusara:20210317185223j:image小豆島も家島も見えるのね。f:id:dokusara:20210317185255j:image海のキラキラを動画に収める巨匠。

しばらくしたら、チェックインの客が増えてきたので退散しました。

平日なのに結構賑わっていて、泊まったら高いらしいのに若いお嬢さんらもいて、巨匠、あの子は三万何千円も出してるんやろか、と言っていました。

私が若いお嬢さんだった頃の金遣いを知られたらやばいです。

それから、すぐ横の赤穂神社に行ってみました。f:id:dokusara:20210317185826j:imageコブタと白瀬くんは銀波荘に入らなかったので、神社で写真撮りました。

ここ、ばえるんちゃうん。f:id:dokusara:20210317185944j:imageお参りもするで。f:id:dokusara:20210317190004j:image縁起がありました。

気になる言葉が出てきました。f:id:dokusara:20210317190043j:image赤穂民族?

姫路の中高行ってる時、赤穂から来てる同級生をまとめて、赤穂民(アコーミン)、と呼んでる友達がいましたが、そういうこと?

とにかく、この神社の神さんは、赤穂民族の始祖だそう。

まぁ、なんとなく分からんでもない。f:id:dokusara:20210317190552j:imageお参りしましょう。f:id:dokusara:20210317190620j:imageがらんがらんの紐が横に上げてあって、鐘を鳴らせなくなっていました。

まつりもなくなってるし、神さんにもコロナの影がさしていますね。。

 

それから、車に乗り、とりあえず、赤穂御崎の駐車場のとこに行ってみました。

大石内蔵助がいて、また、ウチくらのすけ、の話をしました。f:id:dokusara:20210317190830j:image梅が終わりかけだけど咲いていました。f:id:dokusara:20210317190857j:image水仙も、まだ咲いていました。f:id:dokusara:20210317190933j:image綺麗でいいね。

駐車場に戻ると、猫が何匹もいて、誰かが、餌付けしてるみたいでした。

巨匠が、なんとなくくさい匂いに気がついて、これなんや、と、言い、私はそんなに気にならないけど、確かに春の海辺の匂いやなと思ったので、多分、海藻とかが、水辺で饐えてる匂いやないか、磯臭いにおいが深くなって、しかも梅とかと混ざったやつかも、と思いましたが明言を避けました。

巨匠は奈良育ちやから、春の海の臭い、ピンとこんのかな。

ずっと海辺を走り、道の駅みつへ。

意外と6時まで開いてて、エイとか買いました。

それから、巨匠に、にくてんを食べさせようと、加古川お好み焼きはよしを攻めました。

せっかくなので、行ったことがない東加古川駅の前の、本店を攻めました。

母校のシスターみたいな話し方の、キリッとしたおばあちゃんが一人でいて、焼いてくれましたが、にくてんは、なんと、本店にはありませんでした。

普通に豚玉を私は注文し、巨匠は、スジ玉を頼んだら、巨匠のスジ玉は、こんにゃくも入っていて、生地は薄めのもちもちで、あ、ちょっとにくてんぽい!と思うような感じのが出ました。

f:id:dokusara:20210317191812j:image大阪の、ふんわりして、やたら小さくて高さがある風月とかぼてじゅうみたいなのと比べると、上からぎゅうぎゅう押して、ぺっちゃんこにして、モチモチの生地を食べるのは、巨匠にしてみれば、少し広島寄りというか、大阪風とはまた違う播州お好み焼き、という感じがしたらしく、異文化体験には成功しました。

日帰りやけど、よく遊びました。

遊山気分盛り上がり、楽しかったです。

豪勢なホワイトデー、ありがとうございました。

 

ごきげんよう

エイの煮付け弁当

みなさま

 

昨日、巨匠が、赤穂の牡蠣三昧と日帰り温泉のプランをホワイトデーでご馳走してくれて、播州、というか、瀬戸内堪能してきました。

10倍返しかな、太っ腹!ありがとうございます。

 

そんで、帰り道に道の駅みつで、エイを買いました。f:id:dokusara:20210312134738j:image室津産。

なんか、コチもおるよ。f:id:dokusara:20210312134809j:image変わった魚食べたいな、と言ったんですが、巨匠の口は、もう、牡蠣三昧の後で、肉が食べたい、明日魚は嫌やな、とのことだったので、昼に食べることにして、買いました。f:id:dokusara:20210312134933j:image煮魚弁当や。f:id:dokusara:20210312135002j:imageほうれん草も買い、夜に炒めて、珍しくタッパーに放り込まずに、お弁当箱にそれらしく盛り付けました。f:id:dokusara:20210312135033j:image煮魚は、別な。

そんで残ったおかずを、晩酌の種にし、巨匠と宮津で買ったお酒を飲んで寝ました。f:id:dokusara:20210312135123j:image今日。

せっかくお弁当箱にいれたのに、汁が出るのを恐れるあまり、新聞紙でグルグル巻きにし、ビニール袋に入れて持参。f:id:dokusara:20210312135217j:imageレンジが休憩室にあるので、それぞれ温めて、実食。

巨匠がどこかのお土産物屋さんで買った、ノドグロの粉スープと。

お弁当は、汁は全然出てなかったです。

新入社員の時に、鳥取で、職場の裏のラムーで買って炊いて食べたやつよりも、身が厚くて美味かったと思いました。

意外にうまかったし、弁当だからと言って、味は変になってなかったです。

たまには良いかも。

 

ごきげんよう

春天要来

みなさま

 

水曜に巨匠と街に行きました。

巨匠が、春の情報番組でたまたま見たという天満橋のお店でランチ。f:id:dokusara:20210304141914j:image前菜。

赤牛推しのお店でしたが、赤牛のお肉を使ったハンバーグは、もう売り切れとのこと。残念。

f:id:dokusara:20210304194334j:imageステーキフリットがあったので頼みました。

巨匠はご飯を、私はパンを。

ステーキフリットって、ステーキとフリット(フライドポテト)のことなのですが、これは、フランス文化圏で、定食としてめっちゃポピュラーなメニューでして、ある意味フランス料理と言えるのですが、昔、ひとみちゃんとかといる時にステーキフリットのことをフランス料理だと力説して、ポカンとされたことがありました。

巨匠は、ポカンとせず、ふんふん、と、聞いてくれ、フリットって何なん、と、聞いてくれました。

こちらのお店はフランス料理店で、ベルギー料理店ではないので、フリットは二度あげではなさそうでしたが、低温でじっくり揚げてあり、ステーキも、炭火で、焼いたり、火からおろして寝かせたり、また載せて焼いたり、お手間がかかっており、美味しかったです。

ステーキのお肉は、アメリカのお肉だということでした。

食べられなかった赤牛のハンバーグのお肉は、岩手かどこか、東北の方の赤牛さんだということでした。

巨匠と、阿蘇や高知で赤牛を食べて、赤牛という言葉から、うまい味を感じてしまう身の上になってしまったので、はるばる天満橋まで行ったのですが、赤牛は食べられず、けど、ステーキもうまかったです。

次回ぜひ赤牛のハンバーグも食べてみたいお店でした。

天満橋の小さなお店を荒かして、ピアスを衝動買いしたりしつつ、移動。

それから、天満橋京阪モールへ、偵察に。f:id:dokusara:20210304195327j:image天神祭、来年は落ち着いて観られるといいね、と、23が呟きました。

ここから、フェスティバルホール横のコンラッドの下のキャノンのショールームに行く予定だったので、一駅散歩することにしました。

f:id:dokusara:20210304211936j:image芝生養生中の端っこにて。

まだ、桜の蕾は固かったです。

春はもうすぐ。

犬連れのお散歩も多く、外で遊んだり、休んだりしてる人も多くいました。f:id:dokusara:20210304212057j:image巨匠の撮ってるのを横撮り。

ハクモクレンですね。f:id:dokusara:20210304212136j:image良いお天気です。

なにわ橋駅から、二駅、渡辺橋駅まで、京阪の新しい線に乗って、Canonショールームへ。

行ってみたら改装中でした。

それから、梅田まで行ってマッサージしようぜ、と、歩きつつ、そや、ゆきちゃんのお店寄ってみよ、と、行ってみたら定休日でした。

けど、たまたまゆきちゃんが片付けをしていて、巨匠が中に人がいる気配に気づいて、ごちゃごちゃしていると、ゆきちゃんが出てきてくれて、少し話をしました。

巨匠をお披露目できてよかったです。

それから、第三ビルのマッサージに行き、歩いて棒になった足を揉まれ、昼寝をしました。

それから、Canonが休みだったので、ヨドバシ行こう、と、ウロウロしつつ移動。

お風呂に入れる塩を買ったりしました。

ヨドバシを荒かし、お寿司屋さんへ。

ひな祭りの日だったので、ハマグリはないか、ベトナム人ぽいお姉さんのウェイトレスさん(かなり可愛い)に聞いてみましたが、ハマグリはなかったようでした。f:id:dokusara:20210304212849j:imageツブ貝のお刺身。

おいしい。お酒は白鹿のぬる燗。

私はぬる燗で言うのが好きなんですわ。f:id:dokusara:20210304212949j:imageじゃーん。

旬のおすすめ11種盛り。

大好きな芽ネギあり。

うなぎも久しぶりでおいしかったです。

他にも食べたいように追加して頼んで、ひとり3000円くらいでした。

そんで、ウロウロしてから、帰りました。

巨匠と久しぶりに都会でデートして、天気も良く、楽しく過ごしました。

たまには良いですね。

 

ごきげんよう